2006年04月09日

ミシン2

ミシンのお手入れをすることにした。
キコキコ言うので、油が足らないんだろうと、
(当然、20年近くもほったらかしなんだから。)
ねじを外し、フタを開けてみた。
恐ろしくサビ付いているギア?が見える。
手は入らないし、綿棒で掃除を始めるが、そんなものでは取れないので、
いらない歯ブラシで、ごしごし。
結構取れるけど、歯と歯の間には、届かない。
仕方がないので、スタバのマドラー(よく持ち帰っておく)を、削って、そのサイズにし、サビの除去に成功。
でも、キコキコ言う。
音の出ているところは、下糸のほうから。
そこは、分解できそうにないので、埃だけ取れるものは、取ってから、油をシュッとやった。
音はしない。擦れるところの汚れを拭き取ってから、仕上げの油を注す。
快調に動く。

針をつけてみる。
すぐ止まった。
なぜか、ジグザグ縫いの設定になる。
取説はないし、昔からボタンを触ったことがないので、どうしたらよいか分かたなかった。
ゴチャゴチャしてるうちに、直線縫いになった。
何とか使えそう。

posted by rana at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいな〜。
でも、ジグザグ縫いも付いてたなんて
昔のミシンとしては、多機能じゃない?
Posted by mdorimushi at 2006年04月19日 18:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。