2006年04月04日

ミシン

singer.jpg

今日は、思い切って、故障しているミシンを出してみた。
もう、気になっていて、20年以上になる。

確か、誰かにもらったミシンのはず。
子供の頃は、少しだけ使っていたけど、出した具合によって、動かない時があった。
何度も、出し炊けど、ずっとモーターが、ウーとうなってるだけなので、故障だと、修理してもらうこともなく、放ったらかし。
でも、20年ぶりに再挑戦。
とても重い。
子供の時も重いと、思っていたけど、あの時は、引きずっていたのかも。
やはり、モータの音がするだけ。
とりあえず、あまりに黒いので、拭いてみた。
土台に入る金具が、表に出ている。
それは、おかしいような。ひょっとして?と、土台から外し、
電源オン。
!!
うごくやん?
どうも、水平ではないから、動かなかっただけのようだった。
何だったのか?
子供の時の知識では、どうにもならなかったにしろ、
うちの母親も、もう少し機械は見てほしいものだ。
今まで、作りたかったものが、作れる!
うん?糸の通し方は、全く覚えていない。
油も、何処に注したら良いのか。

しばらく使えそうにないかも・・・。でも、すっきりした。
コンピュータ制御にはほど遠いけど。

シリアルナンバーで調べると1956年から製造が宇都宮で開始されて、間もない製品だと分かる。

posted by rana at 23:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すげ〜。
「お宝」にはならないのかな??
Posted by mdorimushi at 2006年04月05日 16:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16144066

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。