2006年01月04日

厄開け

去年で、やっと後厄を終えたので、祈祷祈願の時に渡された”火箸”を返しに行ってきました。
3が日の期間中に行くと、往き道を遠回りさせられるのですが、やはりこの時期に行ってしまう。
ダラダラ歩くと1時間ぐらいかかりそうだけど、
ゆっくり歩くのが苦手なので、頑張って歩いたおかげで、
神社に着く頃は、ポカポカして、得した気分。
火箸をとりあえず返したけど、気になったので、
厄開けには何もしないでいいんですか?と聞いてみた。
すると、『お礼の祈祷がございます。』と来た。
押し付けがましくもない言い方で。
ま、この3年間何も悪いことはなかったし、少しだけお願いすることにした。
また、お札を渡されたので、来年も返しに来るのか尋ねると。
『また来年も来るでしょう?』と言われた。
来るには来るけど、気合いは入れないで来れると思ってたのに、
自分のお札を持ってくるとなるとまた、3が日にか・・・と言う気分。

この厄参りはいつまで続くのでしょうか?
posted by rana at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
数えの37歳にもあるのよ〜。
今年初詣に行って、知りました・・・。
Posted by midorimushi at 2006年01月06日 21:45
新年おめでとうございます。
そうか、無事に終わったのですね。
良かったね。今年からは大躍進かな?
どこの神社?だっけ?
今年もよろしくお願いします。
Posted by Mussy at 2006年01月09日 13:20
midorimushiさんへ
そうそう、だから、来年は、又、前厄になってしまうらしい。無事超えたいね、お互いに。

mussyさんへ
おめでとうございます。
清荒神です。宝塚にあるんですよ。
Posted by rana at 2006年01月10日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11337605

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。