2006年08月31日

突然ですが

突然ですが、ブログ引っ越します。
こちらへ
http://blog.goo.ne.jp/la_vetreria/e/3a35c911046a172f40cd1af96e01481c
posted by rana at 11:14| Comment(27) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

ラン

最後の種目。
海岸沿いのコースを3周して、5キロ。
自分がどれだけ疲れてるのかは、ほど知れず。
でも、5キロなら、いつも走ってるので、先がやっと見えてきた。
折り返し地点は、かなり先なので、見るのは、止めて、前の人か地面を見るようにした。そのうち、折り返してくる人を見る余裕が出来た。
折り返し地点では、ゴムを与えられる。
これが、3本貯まれば、残り半周ということ。
自分で、ペースを作るのは、出来ないので、少し自分より早く走る人に付いていこうと思ってたけど、もう、ほとんどの人は、疲れていて、それほどスピードを出してる人は、居ない。
自分のいつものペースで走った。
3本目のゴムをもらったとき、初めて、時間を見た。
91分だった。
目標にしていた100をクリア出来そう!嬉しくなって、力が沸いてきた。ゴールまで、すぐだった。
終わったー。すごく気分が良かった。

すぐにスタッフの人が、おにぎりと、お茶をくれた。
『お疲れさま』という言葉が、嬉しい。

posted by rana at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイク

ようやく、丘にだどりつき、トランジットゾーンまで走っていく元気はない。
他の人が、どうなのかなんて、考えている余裕はない。
自分の目の前のすべきことをやるだけ。
足を拭き靴を履く、T-シャツを着て、メットをかぶり手袋をして、自転車を下ろしスタートラインまで走る。

1周4キロを5周の全20キロ。
まったくのど素人なので、どのくらいのスピードで頑張ればなんて考えることは、今までなかったのです。
前の人に付いていくだけで良いのか、抜かしたほうがいいのか、とか、
色々な疑問がわいてくる。
このレースの10日前にやっとペダルを固定式のに変えたので、
不慣れだけど、押すことより、引くことに重点を置いた。
このレースには、驚くことに、ママチャリで参加している人がいた。
すっごく早いけど、ロードレーサーに乗る私は軽く抜かせる。
本当にわらかしてくれるわ。やはり、ロードレーサーにしてよかった。
マウンテンバイクも、簡単に抜くことが出来た。
4キロの道のりの間、ギャラリーゾーンは、声援で、
頑張ろうという気が湧く。
そのほかは、閑散としていて、孤独なものだ。
どのくらいのスピードで走ってるのかも分からないので、
メーターは必要だろうけど、信号のない場所で、
おもっきり走れたので、爽快。
posted by rana at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイム

朝から、雨。
会場入りし、エントリーしてから、腕にナンバーを油性マジックでかかれる。
そして、レース前の準備は、やはり3種目ともなると忙しい。
トランジットゾーンにバイク関係のものと、ランニングを準備。
やっと、水着に着替えた頃には、もう入水チェック。
海水は、冷たく、何度ぐらいなのか、震えた。
もう、スタートラインには、並んでる人がいる。
どの位置がいいのか分からないけど、真ん中に並んだ。

1周250メートルを3周する。1周ごとに陸に上がりナンバーコールをすること。

8:15スタート。
もう、ドタバタと、すごい勢いで、走り、海に飛び込むけど、他人の足やら手で、蹴られたり、殴られたり。
進もうにも進まないし、泳ぐスペースなんてない。
アー、これがレースなんやと、実感。
逃れる場所を探したけど、人ごみで、どうしたいいのか分からなかった。
半周もしないうちに、もう、止めたくなってしまった。
でも、そんなことは、出来ないので、進んでいく。
半周したときには、軽くパニックッていたので、息継ぎが出来ない。
死んでしまうんじゃない?と。でも、救助の人にどうアピールすれば良いかわからないので、泳いだ。1周ぐらいはね、泳がないと。
こんな感じで、3周泳ぎました。

しんどくはなかったけど、本当に、辛かった。
正直、半分は、泳げていなかった。

課題の残る種目だ。もともと泳ぎは、達者な方なので、練習は、あまりしなかった。甘かったな。反省。
posted by rana at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

トライアスロンの準備

久しぶりに書きます。特に理由はない。

ついにトライアスロンのレースに参加しました。
『コスミックビギーナー&レディース』ショートですよ勿論。
出場参加許可の通知が来たのは、レースの15日前頃。
出ると言う実感はないけど、日に日に緊張感が襲って来た。
とりあえず、足りないものを揃えよう。
スイム・・・水着(トライアスロン用)
バイク・・・固定式ペダル・シューズ
ラン・・・・靴下
その他のものは、持っているもので間に合わせた。

自転車を運ぶのに、バンを借りた。分解すれば、軽自動車でも載るのだけれど、分解して、変に組み立てしまうのが恐いので、あまり触りたくなかった。そう、まだ、パンクしたことのない私には、自転車で走ると言うことよりも、自転車をいじることの方がまだ慣れていない。

体調。レースに向かうに連れて、食生活のバランスを崩してしまった。
飲酒を控えていたからだと思う。

とりあえず、出来ることは、したけど、落ち着かないまま当日へ。
posted by rana at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

練習会

大阪トライアスロン協会の練習会に参加してきました。
場所は、堺市の大泉緑地。
私の家からは、17,8kmほど。
交通の便も悪いので、自転車で行くことにした。
初めて行く大泉緑地は、広く、緑が清々しく、いい感じ。
初参加な上、大会出場経験もないので、少し、戸惑いどっていたけど、
とても親切で、気を使ってくれていた。
いつもの練習方法は、あまりにもお粗末なもので、話すのが恥ずかしいくらい。
でも、正直に話すと、マイペースにジョグをすることになった。
1周3kmのコース。
ベテランらしき人が付きっきりで、走行。
ペースをいろいろ変えくれて、すごく参考になる。
ほとんど、話をしながら走ってるので、あっという間に4周。
ウォームアップを合わせると15km。
こんなに走ったことって、私の人生の中でない様な気がする。
せいぜい、7kmしか記憶がない。
それに、外で走る気持ち良さを初めて味わった。
一緒に走ってくれた人によると、私の心肺機能は、
優れているし、基礎ができているらしい。
過大評価だとしても、足手まといにならなくてよかった。

帰りも家まで、自転車。
やはり、お腹も空いているし、慣れないことをして、疲労蓄積。
信号待ちで、足を着こうとすると、つりそうになって、本当にヤバかった。
それも、両足。
ゆっくり帰りたかったけれど、仕事があったので、頑張る。
会社に付いたのは、2時過ぎ。(もちろん電車で)
身体の疲れは、徐々に無くなるのが分かるし、脳が、とても心地よく、
以外に仕事が進んだ。

また、身体の神秘を味わった。どこまでできるのか。
posted by rana at 23:01| Comment(2) | TrackBack(1) | トライアスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

チュニジア料理

昔ローマの市場で、クスクスをおばさんに勧められて、一度買ったのですが、
調理法が間違って、散々なものになってしまった。
それから、一緒に住んでいた人が、アラブ系の人と付き合っていたので、
作ってもらった時は、とても美味しいかった。
そのことを思い出して、クスクスが食べたくなった。

よく分からないけど、チュニジア料理の中にクスクスがあるので、行ってきました。
場所は、大阪梅田の第4ビル地下1F。
CARTHAGO KICHENへ。愛想の良さそうな、おそらくチュニジア人らしき人が居る。
よく分からないので、友人と2種類のコース料理を。

シーフードの入ったサラダと、豆などの辛い(一応)サラダ
蕎麦の実の入ったあっさりスープ
ブリック(チーズの入った春巻き)
シャクシュカ(辛いシチュー)
チキンのクスクス

この中には、店で一番辛いメニューはなかったのですが、しっかり香辛料の利いて、どれも、好きな味付けでした。


80022_Shop_1.jpg
posted by rana at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

『寝ずの番』

1000807_01.jpg

とても、テレビでは放送されないだろうと言う映画。
あかるい性教育と言うのかな?
でも、日本の伝統文化がギッシリ詰まってました。
単純に面白い映画でした。
きっと、上方落語ではなかったら、観なかったかもしれないけれど、
間が絶妙。

なぜか、公開期間が短い。私も、慌ててしまった。
興味のある型は、お早めに。
posted by rana at 09:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

再会

去年の8月に来日していた友人の彼氏のパオロが、またやって来た。
先日からイタリア語を話したくなっていたので、早速会って来た。
ほとんど日本語を知らないので、たどたどしいイタリア語を頑張って話をするけど、
さすが先生、本当にひどいところは、直してくれる。
私も、日本語を教えた。
実用会話って言うもの。一生懸命ローマ字で、ノートに記入して、繰り返す。
日本語の文法なんて、教えれないけど、居酒屋での定員との応対なら、
簡単だと思ったけど、
考えると、マニュアルで話す人は、チェーン系のところしかないと思う。
しかし、外国の人に『今日は、〜〜が美味しいでっせ!旦那』
などと言う日本人は、あまり居ないだろう。
でも、ローマでは、外国人慣れしてるのか、
相手がイタリア語を理解できるかどうか確認しないで、
話しかけられものだ。
先を考える気性かどうかの差なのか?
私は、とりあえず、試してみるイタリア人が好き。無責任であれ。
posted by rana at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

ミシン2

ミシンのお手入れをすることにした。
キコキコ言うので、油が足らないんだろうと、
(当然、20年近くもほったらかしなんだから。)
ねじを外し、フタを開けてみた。
恐ろしくサビ付いているギア?が見える。
手は入らないし、綿棒で掃除を始めるが、そんなものでは取れないので、
いらない歯ブラシで、ごしごし。
結構取れるけど、歯と歯の間には、届かない。
仕方がないので、スタバのマドラー(よく持ち帰っておく)を、削って、そのサイズにし、サビの除去に成功。
でも、キコキコ言う。
音の出ているところは、下糸のほうから。
そこは、分解できそうにないので、埃だけ取れるものは、取ってから、油をシュッとやった。
音はしない。擦れるところの汚れを拭き取ってから、仕上げの油を注す。
快調に動く。

針をつけてみる。
すぐ止まった。
なぜか、ジグザグ縫いの設定になる。
取説はないし、昔からボタンを触ったことがないので、どうしたらよいか分かたなかった。
ゴチャゴチャしてるうちに、直線縫いになった。
何とか使えそう。

posted by rana at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。